ご利用事例

これまでにない新しい体験をBeeBeaが創造します。

ご利用事例1.
"シーンに対応した自動情報配信"

来場者の「行動」をとらえて自動的に情報を配信

BeeBeaは、シーンに対応した自動情報配信が可能。とき・ところ・場合に応じて最適な情報をユーザーに配信します。観光客の属性(性別、年代、国籍)にあわせた情報配信はもちろん、『行動』をBeaconチップで補足して情報を自動的に配信します。

  • 駅に到着した時にWelcomeメッセージを自動配信し、公衆Wi-Fiへの接続方法を案内
  • 観光施設に近づくと、開館時間や催しの内容をPUSH通知
  • お店に近づくと時間限定で使える特別割引チケットを自動的に配信
  • 現在地から次の目的地までのナビゲーションを表示(GoogleMapを利用)

ご利用事例2.
"継続利用に繋げるリコメンド"

一定期間経過後、次のおすすめ施術を提案

BeeBeaは、受けた施術・年齢・希望等に応じて、一定期間経過後に次の施術を自動的に提案。最初の利用から次の利用へ繋げる大切なステップをアプリで自動化することで、“1回だけ”のお客様を、“続ける”お客様へ育成します。

  • 期間を開けずに施術すると効果的なメニューは、「前回施術日から30日間有効」の割引チケットを配信可能
  • 術後の効果の現れなどを「施術から◯日が経ちました。そろそろ、△△が目立たなくなって来たころではないでしょうか?…」等、自動的に配信することで、施術効果へ満足度を高め、施術効果をもっと維持・UPさせたいという動機付けにつなげる

ご利用事例3.
"先手先手のリコメンド"

街全体をアプリでつないで回遊率をUP

BeeBeaは、シーンに対応した自動情報配信が可能。とき・ところ・場合に応じて最適な情報をユーザーに配信します。地域の取り組みを、アプリを経由して観光客にPRすることが出来ます。

  • ホテルにチェックインすると、提携している近隣飲食店のクーポンが表示される
  • ある施設から出たタイミングで、「同じ年代の女性の方は、こんな場所にも訪れているようです」と、次の行き先をPUSH通知でリコメンドする
  • 年代、所要時間、目的別のおすすめの周遊マップを生成して表示する